今年の9月は気温の低い日と、夏の様に高い日というのが一で短い周期の様になっています。

数値で言うならば30℃より高い気温で陽ざしが暑いなという体感温度、でもこの初秋は台風通過で湿度が低いのがよい点でもあります。

もう数日で中旬という土曜日も31℃の夏日、午前中の体感温度としては晴れてる空模様からして真夏日みたいな感じでしたが、この時期としては標準気温。

秋の空気でさっぱりは爽やかでもありますが、一日よい晴れという天気で湿度は少ないし、空気が乾燥しています。

ここの所の秋の感覚に気温が上がっても空調はわずかな使用時間、こういう気温の秋ならば、夏のような空気によいのは衣類での体温調整すること。

室内の空気感覚としては籠るというもので室温はけっこう暖か、前日はすっぽり秋の空気でクールだったのに、気温差が大きいというのは最近の気象状況の特徴ですね。

夏のような気温ならば、水分は重要なもので麦茶を一日数回、10月初旬くらいまでは気温の高い日と、低めで秋らしいという日の周期で経過するのかな。

カレンダーでは白露の時期を通過したというのに、2016年は夏気温のなごりを消化するのがゆっくり、秋深しの情緒は10月下旬頃と思う。